Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

re:Invent 2020: AWS Containers Track

re:Inventは11月30日 (月) 〜12月18日 (金) の3週間を通して開催される無料かつ完全オンラインのカンファレンスです。 今週より、登録済みのお客様は多岐に渡るAWSサービスに関するライブ及びオンデマンドのセッションへアクセスすることができます。本記事ではコンテナサービスのトラック、例えば Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate、Amazon ECR、AWS App Meshに関連するセッションについてご紹介させていただきます。また、お客様のフィードバックに基づき、今年は過去人気の高かった“Getting Started”セッションやリーダシップトーク、お客様事例のセッションを復活させました。 去年のre:Invent 2019からの進化をお客様へご共有できること、心より嬉しく思います。是非ご登録いただき、アジェンダよりご覧になりたいセッションをカレンダーへ追加してください。 ローンチセッション An introduction to Amazon ECS Anywhere, Massimo Re Ferre, Principal Technologist Amazon ECS キャパシティプロバイダーは、コンテナ化されたワークロードをさまざまなタイプのコンピュートキャパシティで実行できるようにする柔軟なルール定義機能およびそのキャパシティのスケーリング管理機能を提供するものです。本セッションでは、“オンプレミス”キャパシティプロバイダーがどのようにして多種のキャパシティ上で起動するAmazon ECSタスクやサービスを統一されたAPIを使って、コントロールプレーンの追加的ソフトウェアが必要なく管理できるかを見ていきます。オンプレミス、或いは別のクライド上でコンテナをAmazon ECSからオーケストレーションする方法についてご案内します。 セッション詳細 12月9日 2020 | 7:30 AM – 8:00 AM JST 12月9日 2020 | 3:30 PM – 4:00 PM JST 12月9日 2020 | […]

Read More
EKS Managed Addons

Amazon EKS add-ons のご紹介: Kubernetes 運用ソフトウェアのライフサイクル管理

この記事は、Introducing Amazon EKS add-ons: lifecycle management for Kubernetes operational software を翻訳したものです。 当初から、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の目標は、Kubernetes クラスター管理の専門家ではなくても AWS 上で Kubernetes を簡単に実行できるフルマネージドサービスを構築することでした。Amazon EKS が最初にローンチしたとき、それはフルマネージドな Kubernetes コントロールプレーンを意味していました。やがて、お客様からはクラスターに必要なコンピュートパワーの管理を支援してほしいという要望が出てきました。1 年前には、EKS Managed Node Groups と AWS Fargate のサポートを導入しました。 お客様からはさらなる改善のご要望をいただいていました。本日は、フルマネージドな Kubernetes クラスターを提供するための主要なステップである新機能、EKS add-ons について紹介したいと思います。EKS add-ons を使用すると、Kubernetes アプリケーションをサポートするための重要な機能を提供する運用ソフトウェアまたはアドオンを構成、デプロイ、更新することができます。これらのアドオンには、Amazon VPC CNI のようなクラスタネットワーキングのための重要なツールのほか、可観測性、管理、スケーリング、セキュリティのための運用ソフトウェアが含まれます。 本日より Amazon VPC CNI plugin から、Amazon EKS では、新しいクラスターを作成するとき、またはクラスターの実行後いつでもアドオンを有効にできるようになりました。EKS は、クラスター上でアドオンソフトウェアを起動し、1 […]

Read More

re: Invent 2020 — 12月1日 (火曜日) の事前発表

先ほど、Andy Jassy から AWS の今後のローンチに関するヒントをもらいました。それらの準備が整ったときにはもっと沢山のことをお話したいのですが、それまでお待ちいただけるように、先行発表された内容を要約したいと思います。 小型化された AWS Outposts のフォームファクター – スペースに限りがあり、低レイテンシーのコンピューティングキャパシティにアクセスする必要がある支社、工場、小売店、医療クリニック、病院、およびセルサイトなどのロケーションに最適な新しい 2 つの AWS Outposts サイズが導入されます。1U (ラックユニット) Outposts サーバーには AWS Graviton 2 プロセッサーが搭載され、2U Outposts サーバーには Intel® プロセッサーが搭載されます。どちらのサイズも EC2、ECS、および EKS のワークロードをローカルで実行でき、プロビジョニングと管理はすべて AWS が行います (自動化されたパッチ適用と更新を含む)。 Amazon ECS Anywhere – 近々、Amazon Elastic Container Service (ECS) を独自のデータセンターで実行することが可能になり、オンプレミスとクラウドの両方で稼働する単一のコンテナオーケストレータを選択して標準化することができるようになります。同じ ECS API にアクセスでき、ECS リソースは、すべて同じクラスター管理、ワークロードスケジューリング、およびモニタリングツールとユーティリティを使用して管理できます。Amazon ECS Anywhere は、既存のオンプレミスのワークロードをコンテナ化し、ローカルで実行してから、それらを AWS クラウドに接続することも容易にします。 Amazon EKS Anywhere […]

Read More

プレビュー開始 – より優れたスループットを提供する、さらに大規模で高速な io2 Block Express EBS ボリューム

Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームは、2008 年の発売以来、EC2 の必要不可欠なコンポーネントです。現在、特定のユースケースに対応し、指定されたパフォーマンスが得られるように設計された 6 種類の HDD ボリュームおよび SSD ボリュームから選択できます。 今年初めに、以前の io1 ボリュームよりも 100 倍高い耐久性と 10 倍の IOPS/GiB を備えた io2 ボリュームを発売しました。io2 ボリュームは、ハイパフォーマンスでビジネスクリティカルなワークロードなど、I/O 負荷が高くレイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションに最適です。 さらに進化 本日から、さらに優れたパフォーマンスを提供する io2 Block Express ボリュームのプレビューを開始します! このボリュームは、AWS Nitro System の一部として実装された高度な通信プロトコルを活用した新しい EBS Block Express アーキテクチャに基づいて構築され、最大 256 K IOPS と 4000 MBps のスループット、最大 64 TiB のボリュームサイズを実現します。すべてミリ秒未満で、低分散 I/O レイテンシーです。スループットは、プロビジョンド IOPS ごとに […]

Read More

AWS Lambda の新機能 – コンテナイメージのサポート

AWS Lambda では、サーバーについて気にすることなくコードをアップロードして実行できます。多くのお客様に Lambda のこの仕組みをご活用いただいていますが、開発ワークフローのためにコンテナツールに投資した場合は、Lambda でのアプリケーションの構築に同じアプローチを使用することが難しくなります。 この問題に対応するため、Lambda 関数を最大 10 GB のコンテナイメージとしてパッケージ化し、デプロイできるようになりました。これにより、機械学習やデータ集約型のワークロードなど、大きな依存関係に頼る大規模なワークロードを簡単に構築してデプロイできます。ZIP アーカイブとしてパッケージ化された関数と同様に、コンテナイメージとしてデプロイされた関数は、同様の操作のシンプルさ、自動スケーリング、高可用性、多数のサービスとのネイティブ統合による恩恵を受けます。 当社では。サポートされているすべての Lambda ランタイム (Python、Node.js、Java、.NET、Go、Ruby) のベースイメージを提供しているため、コードと依存関係を簡単に追加することができます。Amazon Linux ベースのカスタムランタイム用のベースイメージも用意しており、これを拡張して Lambda ランタイム API を実装する独自のランタイムを含めることができます。 Alpine や Debian Linux をベースにしたイメージなど、独自のベースイメージを任意で Lambda にデプロイできます。Lambda を操作するには、これらのイメージに Lambda ランタイム API を実装する必要があります。独自のベースイメージの構築を容易にするため、当社ではサポートされているすべてのランタイムにランタイム API を実装する Lambda Runtime Interface Clients をリリースしています。これらの実装は、ネイティブのパッケージマネージャーを介して利用できるため、イメージ内で簡単に取得でき、オープンソースライセンスを使用してコミュニティと共有されます。 また、Lambda Runtime Interface Emulator をオープンソースとしてリリースします。これにより、コンテナイメージのローカルテストを実行して、Lambda にデプロイした際に実行されることを確認することができます。Lambda Runtime Interface Emulator は、AWS が提供するすべてのベースイメージに含まれており、任意のイメージでも使用できます。 コンテナイメージは、Lambda Extensions […]

Read More
Amazon ECS Anywhere のご紹介

Amazon ECS Anywhere のご紹介

この記事は、Introducing Amazon ECS Anywhere を翻訳したものです。 2014 年、AWS は EC2 インスタンス上で稼働する様々な規模のコンテナの管理を簡潔にするために Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) を発表しました。Amazon ECS の採用が増えるにつれて、お客様は「Undifferentiated Heavy Lifting」(差別化につながらない重労働) である、コンテナを実行するための EC2 インスタンスの管理を取り除くという新しい問題に対応していました 。そして 2018 年、AWS はコンテナを実行するためのインフラストラクチャの管理が不要なサーバーレスプラットフォームである AWS Fargate を発表しました。 この 2 年間、お客様は Amazon ECS を利用したコンテナのデプロイが、より多くの場所で行える柔軟性を求めていました。AWS リージョンの外部で、他の連携するサービスの近くでアプリケーションを実行するようなユースケースが増えていました。2019 年と 2020 年に、AWS は Amazon ECS のタスクを AWS リージョンの外部で実行可能にするオプションに関する一連の発表を行いました。AWS Outposts は、AWS が所有・管理するハードウェアを利用して、AWS のインフラストラクチャ、サービス、API、そしてツールをお客様のオンプレミス環境に拡張します。AWS Wavelength と AWS Local […]

Read More

EC2 更新 – D3/D3en 高密度ストレージインスタンス

2012 年の HS1 や 2015 年の D2 を含む、高密度ストレージを持つ EC2 インスタンスを数世代立ち上げてきました。この名前から推測できるように、お客様は、データウェアハウス、データレイク、ネットワークファイルシステム、Hadoop クラスターなどに、非常に経済的なオンインスタンスストレージを大量に必要とする場合に、これらのインスタンスを利用しています。このようなワークロードには、大量の I/O とネットワークスループットが必要ですが、コンピューティング能力に対するストレージ比率が高いと正常に動作します。 新しい D3 インスタンスおよび D3en インスタンス 本日、D3 インスタンスおよび D3en インスタンスをローンチします。以前のインスタンスと同様に、これらのインスタンスにより、大量の低コストオンインスタンス HDD ストレージにアクセスできます。D3 インスタンスには 4 つのサイズがあり、最大 32 個の vCPU と 48 TB のストレージを利用できます。仕様は以下のとおりです。 インスタンス名 vCPU RAM HDD ストレージ ディスクスループットの総計 (128 KiB ブロック) ネットワーク帯域幅 EBS 最適化帯域幅 d3.xlarge 4 32 GiB 6 TB (3 x 2 […]

Read More

新しい EC2 M5zn インスタンス – クラウドで最速の Intel Xeon Scalable CPU

非常に高いコアあたりのパフォーマンスと高いメモリ対コア比をお求めのお客様のために、コンピューティング集約型の z1d インスタンスを 2018 年半ばにローンチしました。これにより、フロントエンドの電子設計自動化 (EDA)、保険数理、および CPU バウンドのリレーショナルデータベースワークロードを強化します。 補完的なユースケースに対応するため、お客様から、ローカル NVMe ストレージがなく、ネットワークスループットが高く、メモリ対 vCPU 比が低い、z1d のような高いコアごとのパフォーマンスを発揮する EC2 インスタンスを求められています。お客様から、この属性セットを持ったインスタンスを構築した場合、そのインスタンスはゲーム、金融アプリケーション、それに自動車、航空宇宙、エネルギー、電気通信産業、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) で使用されるシミュレーションモデリングアプリケーションなどのワークロードに最適だとご指摘いただきました。 M5zn のご紹介 本日、z1d インスタンスの成功に基づき、M5zn インスタンスを 7 つのサイズでローンチします。このインスタンスは、最大 4.5 GHz のオールコアのターボクロック周波数を持つ、第 2 世代のカスタム Intel® Xeon® Scalable (カスケードレイク) プロセッサーを使用します。M5zn インスタンスは高頻度処理を特徴とし、汎用 M5 インスタンスの変形で、AWS Nitro System 上に構築されます。このインスタンスは、低レイテンシーの 100 Gbps ネットワークと Elastic Fabric Adapter (EFA) も備え、HPC や通信負荷の高いアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。 次に、M5zn インスタンス (すべての VPC のみ、HVM […]

Read More

新機能 – Amazon EC2 R5b インスタンスは、3 倍高い EBS パフォーマンスを実現

2018 年 7 月、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) 向けにメモリ最適化された R5 インスタンスを発表しました。R5 インスタンスは、高機能データベース、ウェブ規模の分散インメモリキャッシュ、インメモリデータベース、リアルタイムのビッグデータ分析、およびその他のエンタープライズアプリケーションなどのメモリ集約型のアプリケーション向けに設計されています。 R5 インスタンスには、2 つの異なるブロックストレージオプションがあります。R5d インスタンスは、高速、低レイテンシーのローカルストレージにアクセスする必要があるアプリケーション向けに、最大 3.6 TB の NMVe インスタンスストレージを提供します。さらに、すべての R5b インスタンスは Amazon Elastic Block Store で動作します。Amazon EBS は、あらゆる規模のスループット集約型のワークロードとトランザクションを集中的に使用するワークロードの両方で、Amazon EC2 とともに使用できるように設計された、使いやすく、高性能で、可用性の高いブロックストレージサービスです。リレーショナルと非リレーショナル両方のデータベース、エンタープライズアプリケーション、コンテナ化されたアプリケーション、ビッグデータ分析エンジン、ファイルシステム、そしてメディアワークフローといった幅広いワークロードが、Amazon EBS では広範にデプロイされています。 本日、R5 インスタンスファミリーに新たに追加された R5b をご利用いただけるようになったことを発表します。新しい R5b インスタンスは AWS Nitro System によって起動され、EC2 で利用できる最高のネットワーク接続ストレージパフォーマンスを実現します。この新しいインスタンスは、最大 60 Gbps の EBS 帯域幅と 260,000 個/秒 (IOPS) の […]

Read More

近日公開 – EC2 C6gn インスタンス – AWS Graviton2 プロセッサーによる 100 Gbps ネットワーキング

AWS Graviton2 による Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)インスタンスでワークロードを実行している Snap、NextRoll、Intuit、SmugMug、Honeycomb などのお客様からの素晴らしいフィードバックに基づき、本日、Arm ベースの幅広い Graviton2 ポートフォリオに加わる C6gn インスタンスを発表します。これにより、最大 100 Gbps のネットワーク帯域幅と、最大 38 Gbps の Amazon Elastic Block Store (EBS) 帯域幅を提供し、最大 40% 高いパケット処理パフォーマンス、それに現在の世代の x86 ベースのネットワーク最適化インスタンスと比較して最大 40% 高いコストパフォーマンスを実現します。 この新しいインスタンスタイプは、C6G インスタンスと比較して、4 倍のネットワーク帯域幅と 2 倍の EBS 帯域幅を提供し、4 倍のパケット処理パフォーマンスを実現します。つまり、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、ネットワークアプライアンス、リアルタイムビデオ通信、データ分析などの高いネットワーク帯域幅を必要とするワークロードを持つお客様は、最大かつ最も困難なアプリケーションを Arm に導入し、高いパフォーマンスとコスト最適化の利点を活かすことができます。 C6gn インスタンスは次の 8 つのサイズでご利用いただけます。 名前 vCPU メモリ (GiB) ネットワーク帯域幅 (Gbps) EBS […]

Read More