Amazon Web Services ブログ

Category: Storage

ランサムウェア被害から医療データの安全を守る

近年、世界中の機関や組織がランサムウェア攻撃の被害を受けています。医療機関も例外ではなく、ランサムウェアを用いた攻撃の標的となることがしばしばあります。
本ブログでは、医療機関でも被害が増えているランサムウェアとその被害からの復旧における重要な指標、バックアップを活用したデータ保護についてご紹介します。また、その中でバックアップやリストアにおいて、ご活用いただける AWS のサービスや機能についてご紹介します。

Kubernetes における永続ストレージ

ステートフルアプリケーションを適切に実行するためには、データが永続化され取得できることが必要です。このブログ記事では、Kubernetes 環境における永続ストレージのコンセプトと、Kubernetes の世界におけるストレージオプションについて取り上げます。そして、ホスト、Pod、コンテナレベルで障害や終了が発生した場合のデータ損失の懸念を軽減する、Kubernetes 上でのステートフルアプリケーションの設計と構築について説明します。

【開催報告】AWS Energy Tech Forum 2023

みなさんこんにちは。ソリューションアーキテクトの林です。2023 年 10 月12 日に AWS が主催するエ […]

ディザスタリカバリブループリントを備えたクロスリージョンリードレプリカを使用して、マルチリージョン Amazon RDS for SQL Server をデプロイする – 第 2 部

この記事では、AWS セカンダリリージョンで RDS for SQL Server を昇格させ、デプロイしたブループリントを使用してクロスリージョンフェイルオーバーを実行するプロセスについて説明します。

ディザスタリカバリブループリントを備えたクロスリージョンリードレプリカを使用して、マルチリージョン Amazon RDS for SQL Server をデプロイする – 第 1 部

この投稿では、2 つの AWS リージョンにまたがって Amazon RDS for SQL Server、Amazon Route53、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3) を使用するアプリケーションのフェイルオーバー戦略を確立するプロセスをご案内します。

S&P Global が SQL Server の高可用性と災害復旧を実現するために Amazon FSx for NetApp ONTAP を選択した理由とは

組織は複雑な SQL サーバーインフラストラクチャにおいて、データ損失を防ぐために、可用性が高く災害復旧が可能なソリューション(HADR)を構築する必要があります。クラウドの急速な普及に伴い、様々な業種の企業が、既存の環境をクラウドに移行する技術的なプロジェクトにおいての概念実証(Proof of Concept)の重要性に気づきつつあります。どのような規模の企業にとっても、導入を成功させるためには、スピードを維持しながら、基準を設定し、リスクを最小限に抑え、多角的に検証を行うことが重要です。