Amazon RDS では、AWS マネジメントコンソール またはウェブサービス API のシンプルなセットを使用して、リレーショナルデータベースのインスタンス (DB インスタンス) を作成、削除、修正することができます。またお客様のインスタンスのアクセスとセキュリティをコントロールし、データベースのバックアップとスナップショットを管理することもできます。利用可能な Amazon RDS API の一覧については、「Amazon RDS API ガイド」をご覧ください。 

お客様のアプリケーションがすでに MySQL データベースを全面的に利用しているなら、Amazon RDS への移行は簡単です。一般的に、お客様のアプリケーションを Amazon RDS に移行するには、以下の手順に従うだけです。

  • 必要な計算処理、ストレージ能力、およびアクセスコントロールを持つ DB インスタンスを作成します。
  • 小規模のデータベース(例: 最大 1 GB)については、 mysqldump でデータを抽出し、Amazon RDS に直接投入します。以下は、Amazon RDS にコピーされる、「acme」データベースの表示例です。
    mysqldump acme | mysql --host=hostname --user=username --password acme
    大規模なデータベースでは、Amazon RDS でデータベーススキーマを構築し、データをフラットファイルに変換して、それを mysqlimport ユーティリティを使用して DB インスタンスにインポートします。以下は、Amazon RDS にコピーされる、「acme」データベースの表示例です。
    mysqlimport --local --compress --user=username --password --host=hostname --fields-terminated-by=',' Acme sales.part_*
  • お客様のアプリケーション config ファイル内で、データベース接続文字列を更新します。

Amazon RDS へのデータのインポートの詳細については、「MySQL の Amazon RDS データインポートガイド」をご覧ください。

毎月末、お客様は実際に使用した Amazon RDS リソースに対してのみ料金を課金されます。お客様が作成した DB インスタンスが接続可能な状態になると、DB インスタンスが稼働する間、1 時間ごとに課金が行われます。各 DB インスタンスは、終了まで稼動します。終了はお客様が API を呼び出して DB インスタンスを削除した場合か、またはインスタンスの障害時に発生します。1 時間に満たない DB インスタンスの利用は、1 時間として請求されます。DB インスタンス時間に加えて、お客様の毎月のストレージ、I/O リクエスト、およびバックアップに対しても請求させていただきます。請求期間内にストレージ能力を拡張すると、請求額はそれに応じて日割り計算されます。

詳細については、「Amazon RDS for MySQL の料金表のページ」を参照してください。

このサービスのご利用にはアマゾン ウェブ サービスカスタマーアグリーメントが適用されます。