Amazon Web Services ブログ

Category: Compute

小売業界での Amazon Interactive Video Service と Amazon Personalize 活用のハウツーガイド

ライブストリーミングの人気はますます高まっており、オンラインでのお客様とのやり取りの新たな機会を拡げています。魅力的なコンテンツを提供するライブストリーミングにより、お客様のオンラインショッピングへの流れを促進し、購買体験をオンラインエンゲージメントの1つに加えることができます。また、オンラインストアが提供するパーソナライズされたレコメンデーションによって適切な商品を適切なタイミングでおすすめすることで、お客様のエンゲージメントとコンバージョンを最大化することができます。 このブログでは、ライブストリーミングとパーソナライゼーションを構成して e コマースサイトに展開する方法の詳細をご紹介します。

Read More

Docker Compose と Amazon ECS を利用したソフトウェアデリバリの自動化

この記事は Automated software delivery using Docker Compose and Amazon ECS を翻訳したものです。 2020 年 11 月、Docker Compose for Amazon ECS の一般提供を開始しました。開発者はコンテナ化されたマイクロサービスベースのアプリケーションをワークステーションから取り出し、AWS クラウドに直接デプロイすることがさらに簡単になりました。以前紹介したこのブログにあるように、開発者は docker compose up コマンドを実行して既存の Docker Compose ファイルをそのまま Amazon ECS にデプロイできます。Docker Compose for Amazon ECS を活用することで、開発者はアプリケーションをローカルで開発する場合と Amazon ECS で実行する場合で一貫したフレームワークを持つことができます。

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWS で実現するマイクロサービスアーキテクチャとモダンアプリケーション

AWS で Sr. Specialist Solution Architect を務める Sheng Chen による記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services (AWS) グローバルインフラストラクチャ上で、 VMware Software-Defined Data Center (SDDC) を展開し、 vSphere ワークロードを実行するための柔軟でスケーラブルなソリューションを提供します。 200 以上の AWS ネイティブ サービスとの統合アクセスにより、VMware Cloud on AWS は、お客様がビジネスの中断を最小限に抑えつつ、アプリケーションのモダナイゼーションジャーニーを加速するのに役立ちます。 具体的には、VMware Cloud on AWS と AWS サービス統合するための独自の機能を利用することで、お客様はアプリケーションの変革とマイクロサービス アーキテクチャへの移行を開始することができます。

Read More

Amazon ECS Anywhere の開始方法 – 一般提供の開始

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) が 2014 年にリリースされて以来、AWS は、モバイルデバイス用のサービスである AWS Wavelength や、AWS が所有するフルマネージド型のハードウェアを使用して、お客様の環境に拡張するサービスである AWS Outposts など、AWS リージョンの外で Amazon ECS タスクを実行するための他のオプションをリリースしてきました。 しかし、規制、レイテンシー、データ所在地に関する要件、または既存のインフラストラクチャへの投資を活用したいという要望を理由として、アプリケーションをオンプレミスで実行する必要があるお客様もいます。このような場合、お客様は個別のコンテナオーケストレーションソフトウェアをインストール、運用、管理する必要があり、AWS 環境とオンプレミス環境全体でさまざまなツールを使用する必要があります。お客様からは、このような複雑さとコストを増大させることなく、オンプレミスのコンテナを管理する方法を求める声が寄せられました。

Read More

AWS を活用したオープンバンキング ~ データ受信企業における実装方法

本投稿は AWS のソリューションアーキテクトである Akash Jain による寄稿を翻訳したものです。 2017年11月26日、オーストラリア政府は、消費者データ権 (CDR)の導入を発表しました。オーストラリア競争・消費者委員会 (ACCC)によって管理される CDR は、消費者が自分のデータをより詳細に制御し、商品とサービスの比較や乗り換えする能力を高めることを目指しています。例えば、フィンテックはオープンバンキングデータを使用することで、消費者に最も適したクレジットカードやローンを見つけやすくします。AWS パートナーである Adatree のオープンバンキングユースケースレポートには、このようなユースケースが多数記載されています。CDR によって推進される透明性は、住宅ローン、個人ローン、クレジットカード、貯蓄口座などの銀行商品の価格競争の強化につながるだけでなく、消費者データを活用する革新的な製品やサービスにつながります。

Read More

Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI のサポート期間終了について

この記事は Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI End-of-Life を翻訳したものです。 2021 年 4 月 16 日更新 – Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI は 2021 年 4 月 15 日に標準サポートを終了し、メンテナンスサポート期間に入りました。 2015 年のローンチ以来、Amazon ECS-optimized Amazon Linux AMI は多くのお客様がコンテナ化された Linux ベースのアプリケーションを Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 上に構築する手助けをしてきました。この AMI を利用することにより、お客様は最新バージョンの Amazon Linux OS に依存した Amazon ECS コンテナエージェント、Docker デーモン、および Docker ランタイムがバンドルされた環境でコンテナ化されたアプリケーションを実行できます。2018 年 […]

Read More

GitOps を用いた Amazon EKS の自動化

元の記事:https://aws.amazon.com/jp/blogs/containers/automating-amazon-eks-with-gitops/ 本記事は Weaveworks のコンテンツディレクターの Anita Buehrle による寄稿記事です。 企業は速く進むことを望んでいます。より頻繁に、より確実に、そしてなるべく少ないオーバーヘッドでデプロイする必要があります。GitOps は Kubernetes で実行されている複雑なアプリケーションやインフラストラクチャを開発者が管理および更新するための迅速かつ安全な方法です。 GitOps は運用とアプリケーションデプロイのワークフローであり、クラウドネイティブアプリケーションのインフラストラクチャとデプロイの両方を管理するための一連のベストプラクティスです。この記事は二部構成になっています。第 1 部では GitOps がどのように動作し、利点が何であるかについての説明とともに、GitOps の歴史もお話します。第 2 部では、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) への継続的デプロイのパイプラインを Flux でどのようにセットアップするかを説明したハンズオンチュートリアルを用いて、自分自身で GitOps を試してみることができます。 GitOps とは何か? Weaveworks の CEO の Alexis Richardson による造語である GitOps は Kubernetes およびその他のクラウドネイティブ技術の運用モデルです。クラスターとアプリケーションのデプロイ、管理、そしてモニタリングを統合する、一連のベストプラクティスを提供します。言い換えると、アプリケーション管理にデベロッパーの手法を適用していくということであり、運用と開発の両方にエンドツーエンドの CI および CD パイプラインと Git ワークフローが適用されます。 GitOps の原則 GitOps が実際に機能するためには、チームが次の原則を実施している必要があります。 #1. システム全体が宣言的に記述されている […]

Read More

Amazon VPC と接続可能なおうち Amazon ECS Anywhere クラスターの構築

この記事は Building an Amazon ECS Anywhere home lab with Amazon VPC network connectivity を翻訳したものです。 2014 年以降 Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) は AWS のお客様がコンテナ化されたアプリケーションのデプロイをさまざまなコンピュート環境へわたってオーケストレーションできるように支援してきました。これまでの Amazon ECS は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス、AWS Fargate、AWS Wavelength、AWS Outposts など、AWS が管理するコンピュートハードウェアでのみ使用することができました。Amazon ECS Anywhere (ECS Anywhere) が一般提供開始となったことで Amazon ECS クラスターのキャパシティとしてお客様自身の所有するコンピュートハードウェアを使用することが可能になりました。 このブログでは、おうち ECS Anywhere クラスターで ECS タスクを実行するためのホームラボを構築するプロセスを説明します。ホームラボでは Amazon […]

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSデータストアのAWS Analyticsサービスとの統合方法

AWSでSpecialist Solutions Architectを務めるBalakrishnan NairとPartner Solutions Architectを務めるKiran Reidによる記事です。 オンプレミスでVMwareを稼働させているお客様は、VMware Cloud on AWSをハイブリッドクラウド戦略に取り入れることでAWSグローバルインフラストラクチャを使えるという非常に大きなメリットを得ようとしています。 一方で、AWS Analyticsサービスはお客様のエンタープライズデータベース、データレイク、ログファイルレポジトリにあるデータからビジネス価値を創出する手段を提供します。 データ分析ソリューションの主な流れは以下です。 ソースから未整形の状態のデータを取り出します。これはテキスト、数値、ビデオファイルなどです。 データを整形しデータベースやデータレイクなどのストレージソリューションに格納します。 分析、洞察のために収集、ノイズ除去されたデータを可視化します。 お客様のデータセンターではファイルサーバー、FTPサーバー、データベース、ログなどの様々な異なるソースやアプリケーションからデータが生成され、なおかつこれらはビジネスにとって極めて重要なデータを含みます。 有用なデータの管理と抽出はお客様にアドバンテージをもたらし、また遵守しなければならない特定の企業コンプライアンス要件にも合致する可能性があります。 VMware Cloud on AWSへ移行中のお客様の中には、非構造化データを含むファイルシステムを扱うワークロードの移行を考えている方もおられるかもしれません。これらのファイルシステムは有用なビジネスデータを生み出す貴重なソースとなり得ますが、データセットからどうやって意義のある洞察を得るかを決めづらくする原因ともなり得ます。 本稿ではVMware Cloud on AWSがどのようにこういったデータセットをAWS Analyticsサービスの近くに配置し、これらのサービスを利用してより容易にビジネスデータから有用な洞察を引き出せるかをガイドします。

Read More

AWS Lambda でお気に入りの運用ツールを使い始める – 拡張機能が正式にリリース

2020 年 10 月、AWS Lambda 拡張機能のプレビューを発表しました。AWS Lambda 拡張機能を使用すると、Lambda 関数を監視、観測、セキュリティ、およびガバナンス用のお気に入りのツールと簡単に統合できます。 本日、AWS Lambda Extensions の一般提供を発表いたします。この拡張には、新しいパフォーマンスの向上と拡張されたパートナーセットが付いています。GA リリースの一環として、関数に含まれる拡張機能の終了を待たずに、関数コードが完了するとすぐに、応答を送信する機能を有効にしました。これにより、関数の応答が返された後に、拡張機能が優先宛先へのテレメトリ送信などのアクティビティを実行できます。また、Imperva、Instana、Sentry、Site24x7、および OpenTelemetry 用の AWS ディストリビューションなど、新しいパートナーからの拡張機能も喜んで受け入れています。 Lambda 拡張を次のようなユースケースに使用できます。関数の呼び出し前、実行中、および後の診断情報の取得、コードの変更を必要としないコードの自動計測、関数呼び出し前の構成設定またはシークレットの取得、セキュリティエージェントを介した機能アクティビティの検出と警告、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Kinesis、Amazon Elasticsearch Service などのカスタム宛先に Lambda 関数から直接および非同期に送信。 お客様は、サーバーレスのビジョンに惹かれています。運用上の責任が軽減されるので、ビジネス上の問題に集中できるようになります。お客様が機能を監視、観測、保護、および管理できるように、AWS Lambda は Amazon CloudWatch を通じてログとメトリックスのネイティブ統合を提供し、 AWS X-Ray を介してトレースし、AWS Config により設定変更を追跡し、 AWS CloudTrail による API 呼び出しを記録します。さらに、 AWS Lambda パートナーは、アプリケーション管理、API 統合、デプロイ、監視、およびセキュリティを提供します。 AWS Lambda 拡張機能は、関数コードが実行される Lambda […]

Read More